古い家具もおしゃれにアレンジ

subpage01

長く使用し続けていると、家具も傷などが出来てしまい、色あせるなどして古くなってきます。またデザインにも流行があるため、愛用していた家具がいつの間にか時代遅れのデザインになってしまい、他のインテリアとちぐはぐになってしまうといったこともあります。


そこで古くなった家具は、新しいものを購入して処分するのも良いのですが、おしゃれにアレンジを施してみると、デザインも一新して生まれ変わったかのように美しくなります。もっともアレンジと言えば、やはり日曜大工やDIYに慣れている人が実施するものと思われがちで、確かに変形を施すような本格的なアレンジならば、難易度も高いのである程度の技術を必要としますが、素人や初心者でも実施できる簡単なアレンジの方法も存在しています。


そんな誰でもできるお手軽アレンジ方法としては、カラーリングの変更やカバーの変更といったもので、カラーリングの変更については、たんにペンキやスプレーなどを使用し、カラーを変更するだけです。



しかしこれだけでも傷隠しにもなりますし、色あせなどはなくなるため、充分おしゃれな雰囲気を演出できます。
そしてカバーの変更は、ソファや椅子などに実施するケースが多く、変更専用のためのカバーも市販されていますし、好みのデザインの布で張り替えるのも良いでしょう。



さらにもっと簡単なアレンジとしては、マスキングテープや布シールなどをちょっとしたデザインのアクセントとして使用したり、好みの素材のリボンを結び付けるだけでも、それなりにおしゃれに見えます。